どっちでもいい

人類は集団行動をする動物だ。

では、誰しもが共通の価値観を持って生きていかないといけないのであろうか?

答えは、全くそんな事は無いと思う。

世の中には流行のファッションや音楽、人気の有名人などが居て、そういった価値観の中で暮らしている人がたくさん居ることは事実だが、そのコミュニケーションを楽しいと思えないのであれば、無理にそのグループに加わる必要は無い。

流行り物を追いかけてはいけないなんてルールも無いし、追いかけなければいけないといったルールも無い。

どんな宗教を信じることも自由だし、どんな仕事をする事も自由だけれど、

唯一、国の法律にだけは触れてはいけない、それだけがルールだ。

法律に縛られているとは言っても、法律は基本的に国民の生活を守ってくれる存在だ。

おまけに、不服があるのであれば物言いするチャンスはいくらだってある。

人生は自由に生きていいし、おまけに法律によって国が生活を守ってくれるというサポート付だ。

そして、集団行動とは言っても、多様性は必要だ。

100人中100人が、Aという病気には耐性があっても、Bという病気が弱点だとしたら、Bの病気が流行ったら集団は全滅だ。

そういう事態を避けるために、人間はありとあらゆる特技と弱点がバラバラになっている。

だからこそ、趣味思考も異なるし、価値観だって異なる。

そういった人間達がグループになるからこそ、どんな異常事態にも負けない強いグループが出来上がる。

流行り物が好きで、それらを好きなグループと一緒に集まっていると楽しいという人は、それはそれで良い。

それらが受け入れられなくて、もっとコアな趣味を持って、少人数で集まることが楽しい人も、もちろんそれはそれで良い。

どっちが正しいなんて事は無いが、どっちかが正しいと結論を出さないと気がすまない人も居る。

しかし、そんな風に他人の価値観が認められない人も、ある意味多様性の中のひとつであり、必要な存在なのかもしれない。

要するに、人生なんて好きなように生きていい、ただそれだけだ。

好きなことをして、好きな人と過ごす、それだけだ。

誰かの目を気にして生きていく必要も無いし、気にしながら生きていってはいけない理由も無い。

常識だとか何とかの、もっともらしい考え方や価値観が地球上には色々とあるが、実は何もかもが不透明で、誰も真実など分かっていないというのが現状だ。

自分は、人間の純粋な心が好きだ。

純粋に家族を愛したり、それらを失って涙を流したり。

何かを不安に思ったり、それを隠すために虚勢を張ったり。

何もかもが美しく、とても愛おしいと思う。

そんな人間の純粋な心同士が共鳴するような、素晴らしい完成度のアートを作りたい。

変わっているかもしれないが、これが自分の個性であり、価値観だ。

きっと少なからず、多様性の一員として世間から必要とされる人物なのだと思う。

美人な人、不細工な人

日本では当然のように美人がもてはやされている。

ほんの数ミリの目の付いている位置や、ほんの数ミリの鼻の大きさで、なぜここまで人の評価は変わるのだろう。

友人や家族を大事にし、草花や動物を愛し、いつも笑顔で明るい不美人よりも、

自分の承認欲求や世間体ばかりに目がくらむ美人の方が優れている理由は、どこにあるのだろうか。

そもそも、ここまでビジュアル至上主義が横行しているのは、日本だけではないだろうか。

日本人は、何となくすごそうなもの、自分よりも上だと思うものに対しては、特に論理や明確な理由が無くとも平伏してしまう癖のある民族なように私は思う。

だから内面など見ず、ただ見た目が美人だというだけで自分よりも優れた存在だと思い込み、それ以上の追及や考察をやめてしまう傾向にあるのだと思う。

逆に、ただ見た目が悪いというだけで、自分より劣ったものだと思い込み、内面など見ず、安易に軽視してしまう場合が多いのだと思う。

当然ながら、そのような考え方は文化人としてはあまりに低脳だ。

パッと見の外見などよりも、その人のもっている知識や道徳心、技術、その他諸々の様々な内面を見て、その人がどういった人間なのかを慎重に判断すべきだ。

要するに、日本人は自分で深く考え、一考し、自分なりの論理を構築し、人生を切り開いていく事がひどく苦手な民族なのだと思う。

だから、見た目というあまりにも安易な情報だけで物事を判断してしまいがちなのだと思う。

何度も言うが、見た目だけで人を判断するという事は完全に誤りであり、あまりにも低脳である事は間違いないのだが、人間は集団行動の中でしか生きていく事が出来ず、そのようなビジュアル至上主義の人間が過半数の社会では、そのルールに従うしかないのだ。

100歩譲って年齢や体型といった部分は、出産など子孫を残す作業において悪影響があるので、見た目である程度判断をしてしまうのは本能という意味で仕方がないと思うが、

ちょっと目の位置が離れているだとか、顔が丸いだのといった所で何もかも判断してしまうのは、同じ人種である身として非常に悲しい気持ちになる。

そんなビジュアル至上主義の日本で快適に暮らしていく為には、ある程度所属するグループを選ぶことも重要になってくると思う。

もし、自分が不細工だからと、たったそれだけの事で毎日暗い気持ちで生きている人が居るのだとしたら、いっそその集団から抜け出し、場合によっては国外に移住する事を視野に入れてもいいだろう。

何度も繰り返すが、人を見た目で判断することはあまりに原始的な考えであり、文化人としては非常に恥ずかしい判断であり、完全に誤りだ。

協調性の無い人間は生きていけない

人間は、孤独から逃れられない事実に反するように、人間同士の協調性からも逃れることが出来ない。

協調性が無い、一人が好きと言っている人達も、必ず誰かと関わっていかなければ生活が出来ないし、完全に誰とも関わらずに生きていくなど不可能だ。

毎日家と職場を行き来しているだけの人だって、交通手段である電車や車、道路、スーパーマーケットやコンビニ、そして勤め先など、全て自分以外の誰かが用意したものだ。

友人や恋人、家族といった関係は解消する事が出来るが、もっと大まかな人間同士の協調性からは逃れることが出来ない。

だから、人間は少なからず、他人と協調して生きていかなければならない。

人間社会は完全に集団行動の社会となっており、単独行動はジャングルの果てにでも行かないかぎり実現出来ない。

ちなみに、はっきり言って自分はそんなに人が好きではない。

本当は友達と遊びたいくせにとか、一人が寂しいくせにとか言われる事もあり、理解してもらえない事は重々承知なのだが、本当にそんなに人が好きではないのだ。

ただ、ものすごく価値観の合う人や、ものすごく自分を理解してくれてリラックス出来るような人との時間は楽しい。

とは言え、もくもくと一人で作品を作ったり、本を読んだり映画を見たり、一人でぶらぶらと街を歩きたい時や、他の気の合う人と会いたい場合もあるので、いつも同じ人と一緒なのは大変だ。

少なくとも、価値観が合わず、自分を理解してもらえない人と居るのは退屈だし、人生は有限なので、基本的にはそういう人との時間はなるべく避けて暮らしたいというのが本音だ

冷たい人間と言われても仕方が無いし、価値観が合わない人との時間も大切に出来る温かい心の人は心から尊敬しているが、残念ながらこればかりは自分ではどうする事も出来ない性格だ。

きっとこんな人間だからこそ出来る仕事もあるだろうし、何らかの形で世間に貢献しているはずなので、世界は広いしこんな人間も居てもいいだろうと大目に見てやって欲しい。

こんな自分だけれど、この世の人達には基本的に全員に感謝している。

道路や建物を作ってくれた人、街の飲食店で料理を作ってくれた人、法律を作ってくれた人、戦争が起こらぬよう工面してくれた人、皆が居るお陰で自分は毎日快適に暮らす事が出来ているし、これは本当に心から感謝している。

感謝しているからこそ、自分は自分なりに世間に役立つ人間になりたいなと思う。

感謝しているからこそ、自分と価値観が合わない人や、自分を理解してくれないような人でも、共に時間を過ごすことは無くとも、陰ながら非常に感謝している。

こういった意味で、協調性を常日頃感じて生きていく事は、とても大事な事だ。

他人と共存していくことに、明確な理由が無くとも煩わしさを感じる気持ちは大変理解できるが、こういった感謝の気持ちを常に忘れない事で人間として正常な生き方が出来ると思う。

もしくは、自分の古い祖先に、猫や狼のような単独行動を好む獣の血が少し混じっているのだと諦めて、協調性からは逃れられない事実を粛々と受け入れると良い。


自分だけの内臓

心臓や脳みそ、右腕、左腕、その他自分を形成するパーツは色々あるが、そのワンセットが自分自身であり、自分の全てだ。

その価値は、自分自身以外の誰とも共有する事は出来ず、基本的に生まれてから死ぬまで自分自身で管理・調整し、守り抜かなければならない。

もし仮に、その価値を自分以外の誰かと本当の意味で共有出来たのだとしたら、それはどれほど幸せを感じられる事なのだろう。

恋人や家族、親友、そういった心通った人達とコミュニケーションをとる時、まるで自分自身の価値を、他の誰かと共有出来たかのように感じる瞬間がある。

しかしそれは幻想だ、人間は2019年の現時点では、まだ誰も孤独から逃れる事は出来ていない。

抱き合ったり、性行為をする程度では、孤独は共有など出来ない。

共有できたかのように錯覚して、現実を直視しないような方法もある。

それ以外にも、人間の孤独との付き合い方は色々あって、特にマニュアルも無いので、各々しっくりくる方法、好きな方法を選んで生きていけばいい。

とにかく、人間はどうやっても、孤独から完全に逃れる術は無い。

だからこそ人間は美しい。

誰しもが平等に孤独を抱え生きる世界の中で、自分だけの内臓や四肢を持ち歩き、おおよそ100年前後、地上を行き来する中で、人間の脳みそはフル回転し、色々な感情や考え方が生まれる。

そんな人間から出た渾身の言葉や表情は、何にも変えがたいほどに美しく、大変に純粋なものだと思う。

純粋な心を捨ててはいけない

純粋な心は人生の宝だ。

純粋な心があるから、人生は美しいし、愛おしい。

しかし、純粋な心は時として、人生を生き辛くもする。

例えば誰かに騙され、裏切られ、傷つけられた時、純粋な心があればあるほど、人間の心は深く傷がつく。

そんな場面に出くわす度に、人間は自分の心を守るため、純粋さを切り捨てていってしまう。

けれど、純粋さを捨て、誰も信じず、希望を抱かず、日々淡々と生きていく毎日の中に、果たして人間の幸せはあるのだろうか。

人生に希望を見出せないのは、自分の純粋な心が輝いていないからだ。

世界中の何もかもに興味を抱けないのは、世界中が真暗闇なのではなく、自分の純粋な心が、世界を照らせていないからだ。

純粋な心があれば、何もかもが輝いて見える。毎日が楽しくてしょうがなくなる。

どんな孤独や恐れにも負けてはいけない。

自分の純粋な心は、誰に託すでも頼るでもなく、自分自身の力で守り、輝かさせなければならない。

誰にも注目されない命

誰にも注目されないような命でも、確かに意識があり、心がある。

腕をつねれば痛いし、大切なモノを失えば心は大きく揺れ動く。

それらは目に映らないことだから、一見誰もが毎日を飄々と生きているように感じるのだけれど、

本当は全然違う。

今日もこの街では、たくさんの人が悩み、精神をすり減らし、今日を生きようと必死に努力した1日だったのだろう。

淡々と通り過ぎていく人達にも、それぞれの暮らしや人生があって、ひとつとして粗末に扱って良い命などは無い。

一見、大した魅力を感じないような人間にも、産みの親がいて、誰もと同じように孤独を感じ、純粋な心を温めている。

一見、何事も無いような人生の中にも、迷いや恐れがあって、心が大きく揺れ動くようなドラマが存在している。

要するに、知らないだけなんだ。

目に映らないから分かり難いだけであって、本当はたくさんの人達の思いが、今日もこの街では渦巻いていた。

人間は、死ぬまで何も分からないままで居たほうがいい

若者は柔軟だ。

新しい知恵や技術をいとも簡単に習得し、グングンと成長していく。

一方で老人は、これまでに得た知恵や技術でもって問題を解決しようとするから、成長が無い。

「分からない」という心の状況は、人間を成長させる。

分からないから知ろうとするし、学ぼうとする。

逆に、「分かっている」という心の状況では、人間の成長は無い。

分かっているから、これはこうに違いない、そんな決め付けが生まれ、それ以上のアイデアや発見が生まれない。

だからこそ、常に「分からない」という心の状況でいることが重要だ。

常に、あらゆる可能性を捨てず、様々な角度で物事を見るように心がけた方がいい。

そして、その結果出した結論は、常に「仮説」にしておくと良い。

悩みぬいて出した結論も、今現在の精神レベルや経験値で出した仮説でしかなく、真実は死ぬまで分からないままでいい。

人間は、死ぬまで何も分からないままで居たほうがいい。

幸せって何だろう

人それぞれ、幸せの価値観は異なる。

例えば、毎日ボーっと与えられた仕事をこなし、退屈な仕事だなと思いながら、低い賃金をもらって暮らす人と、

自分の理想的な仕事をこなして、毎日が充実していて楽しいなと思いながら、高額な給料をもらって暮らす人が居たとする。

理想的な仕事をこなしている人が、ただ与えられた仕事をこなしているだけの人を見れば、きっと「もっと勉学に励んで、自分が理想とする仕事に就けるよう、努力すればいいのに」と、思うはずだろう。

逆に、毎日与えられた仕事だけをこなしている人が、理想的な仕事をこなし充実している人を見た場合、きっと「あんな風に理想的な仕事に就けたらどれだけ楽しいだろうか」と、思うはずだろう。

では、ただ与えられた仕事をこなし、毎日を退屈だと嘆いている人は、必ずしも勉学に励み、理想的な仕事に就けるよう、努力をしなければならないのだろうか。

答えは、全くそんな必要は無いと思う。

例えば、理想的な仕事に就き、毎日充実しているなと思っている人を、世界経済を動かすような大規模な企業の社長が見たら、どう思うだろうか。

きっと、「まだまだ上に行くチャンスはある、俺だったら、現状に満足せず、もっと高みを高みを目指すだろうな」と、思うはずだろう。

では、理想的な仕事に就き、毎日充実しているなと思っている人は、必ずしも現状に満足せず、もっと高みを目指さなければならないのだろうか。

答えは当然、全くそんな必要は無いと思う。

人生における幸せの価値観なんて人それぞれだ。

ビッグビジネスを成功して夢を掴むような幸せもあれば、国の法律に則り、生活保護を需給しながら毎日ゴロゴロ楽に暮らす幸せだってある。

法に触れるような事をすれば、法に則って裁かれる必要はあるが、法に触れていないのであれば、基本的に何も問題では無い。

もし、生活保護を受給しながら毎日ゴロゴロ暮らす人を本気で批判したいのであれば、個人を攻めるのではなく、自分が先導をきって生活保護に関する法律の改正を世間に求めればいい。

その結果、生活保護をもらいながらゴロゴロ暮らす人が死刑になるような法案が可決すれば、望みどおりの未来がようやく訪れるだろう。

もしくは批判ではなく、大きな夢を掴むことがどれだけ幸せな事かを、自分が先導をきって、みんなに紹介すれば良い。人生における幸せの価値観はひとそれぞれだし、誰もそれを変えさせる権限は持っていない。

では、恋人や家族、ビジネスパートナーと言った、より距離の近い間柄であれば、どうだろうか。

人間は、より強い人間同士の繋がりを求める一方で、お互いに異なった個性や価値観を持っているため、パズルのように寸分の狂いも無くガッチリと相性の良いパートナーなど、基本的には存在しない。

異なる部分を、お互いの信頼や愛情でもって、協力しながら隙間を埋める作業が必要となる。

しかし、信頼や愛情があったとしても、どうしても埋まらない隙間もある。

少しぐらいの隙間であれば、お互い少々の妥協や愛嬌でもって、見逃すことも出来るが、

あまりに致命的で、どうしても耐える事の出来ない大きな隙間もある。

世界規模の企業を目指す人間と、ただ自分にとって理想的な仕事に就きたい人間がビジネスパートナーになった場合とか、

純粋な愛情でもって繋がった家庭を求める人間と、人に自慢出来るステータス重視な家庭を求める人間が家族になった場合とかは、信頼や愛情があったとしても、どうにもならない場合がある。

絶対にどうにもならない事態というのは基本的に無いと思うが、人生は有限だ。

その問題の解決に、100年、200年と時間を掛けるわけにはいかない。

ありったけの愛情や信頼でもって、出来うる限りの努力をして、それでも問題が解決せず、あまりに事態が長引きそうな場合は、関係を解消し、お互いがそれぞれ、より価値観の近いパートナーを探し始める必要がある。

人生は、ドラマや映画じゃない。だから、耐え難い程に悲しい別れだって存在するし、目も当てられないようなバッドエンドだって存在する。

だけど、それだけ信頼や愛情を寄せ合って、一時はパートナーとして共に生きていく道を選んだ仲なのであれば、別れの時ぐらい、お互い笑顔で、お互いの健闘を称えあって別れたいものだと思う。

人に迷惑を掛けても良い

一生懸命取り組んだ物事が失敗して、人に迷惑を掛けてしまった。

自分は、幼い頃から親に「他人に迷惑を掛けないようにしなさい」と教わってきた。

例えば、泥棒をすれば自分の懐は潤うが、盗まれた相手は当然迷惑だ。

人を騙して利用すれば、自分の生活は充実するが、騙された相手は当然迷惑だ。

だから、他人に迷惑を掛けるような生き方は、基本的に間違っている。

但し、唯一迷惑を掛けても良い場合がある。

それは、関わる人全ての幸せを願って、一生懸命物事に取り組んだ場合だ。

きっと成功すると思っていたプランが破綻して、皆に苦労を掛ける事になった。

でも、本当に一生懸命取り組んで失敗してしまったのであれば、落ち込んだりする必要も、責任を感じる必要だってない。

それは、信じたやつが悪いんだ。

彼を信じたその人は、審美眼が優れておらず、信じてはいけない人についていってしまったせいで、失敗をしてしまっただけだ。

自分以外の他人に、完璧を求める事なんて間違っている。

自分以外の他人に、自分にとって理想的な展開を強要する事なんて間違っている。

自分が相手を信じられるかどうか、その判断力を完璧にする事だけが、自分で出来る唯一の事だ。

一生懸命やった結果、失敗してしまった人間は、法律的にこなさなければならない責任だけを果たした後は、何を後悔する必要も、責任を感じる必要もない。

なぜ失敗してしまったのかを振り返り、次、同じ失敗をしないようにすればいい。

人生は何度だって失敗していいし、何度だって挑戦していい。

純粋な心が好きだ

純粋な心が好きだ。

本当にそれだけで、他には何も無い。

純粋な心同士の共鳴だけを、自分は人生の中で唯一求めているんだ。

それ以外は、消えてなくなったって何とも思わない。

今まで見つけてきた、絶対的なようなもの達は全て幻だった。

全部消えて、無くなってしまった。

自分の心の中にある純粋な領域、その微かな明かりだけを頼りに、今日から生きていこうと思う。